月別アーカイブ: 2019年11月

ゼロから始めるブランディングの考え方

あなたは、ブランディングをしていますか?

フリーランス・個人起業家の方であれば、ブランディングは必須です。

たくさんの情報が溢れる現代では、サービス・商品で差別化は難しいのが現状でしょう。

そうなると役立つのが、ブランディングです。

ブランディングがうまくいけば、集客が楽になり、売上アップが見込めるでしょう。

さらに、一度ブランディングが確立すれば、あとは自動で仕事が舞い込む!なんてこともあります。

本記事では、フリーランスに送るブランディングの考え方を解説します。

ブランディングするための考え方

成果を上げるためのブランディングの考え方は、いくつか存在します。ブランディングを始める前に、基本的なことを理解しましょう。

ブランディングとは?

あなたは、ブランディングが何か分かっていますか。ブランディングとは、「価値とイメージを顧客に与える活動」と言えます。個人起業家・フリーランスの方であれば、あなたの人柄・イメージ・専門性です。

「◯◯さん=動画が得意」というイメージを持たれているフリーランスなら、そのイメージこそがブランディングです。ブランディングは、リアルで人に伝わることもあれば、SNSなどで広まることもあります。

ブランディングをすれば集客が楽

ブランディングが成功していれば、営業せずとも仕事が舞い込んだり、売上がアップしたり、あなたのビジネスが加速するでしょう。私たちは無意識にブランドを見て、モノ・サービスの発注や受注をしています。

個人起業家・フリーランスにとってブランドはいわばその人の信用であり、信用が高い人に仕事が来るのは当然の流れですよね。つまり、ブランディングをすることで、集客が楽になるのです。

ブランディングの進め方「なりたい自分→実績→媒体」

ブランディングを進めるために大切な3つの考え方は、なりたい自分と実績、媒体です。ブランディングには、自分がどうなりたいかという理想とある程度の実績、それを披露するための媒体が重要です。

まずは、自分がどうなりたいのかを明確にしましょう。そのような理想を書き出すことで、実績の作り方、媒体を選び方が変わります。穏やか、熱血、親しみやすい、愛情深い、頭良く見られたい、◯◯が得意。まだまだありますが、どのようなイメージを持たれたいか考えてください。

次は、実績です。厳しいようですが、実績ゼロの人のブランディングは難しいでしょう。もし嘘の実績を元にブランディングすれば、顧客を騙すことになります。必ず本当の実績を使ってください。コツは、なりたい自分から逆算して実績を作ること。
もし「親しみやすい動画撮影がうまい人」というブランディングを目指すなら、動画撮影会や動画撮影のテクニックなどの情報交換会、動画撮影者限定の交流会などが考えられます。

最後は、どの媒体・SNSで情報発信するか決めることです。以下のどれかを使って情報発信しましょう。どれを選ぶかですが、得意なモノを選ぶのがオススメです。しかし、よくわからない方は、環境で選びましょう。女性ならInstagram、ビジネスならFacebook、特になければTwitter・ブログです。

情報発信の媒体一覧

・ブログ
・Facebook
・Instagram
・Twitter
・note
・YouTube

ブランディングを加速するための大切な考え方

ただ闇雲に実績を作って、情報発信しているだけではブランディングは加速しません。より強いブランディングのための考え方は、3つあります。

継続する

まず大前提として大切なのは、継続性です。ブランディングに終わりはありません。あなたがビジネスをしていく限り、永遠に続くモノです。

たとえばアップルなら、シンプルというブランディングを続けていますよね。それは、スティーブ・ジョブズという存在を失った後でも続いています。
情報発信を続けていくこと。それが、ブランディングを加速していくためには大切な考え方です。

一貫性

次に大切なのは、情報発信が一貫していることです。もし一貫性がない、バラバラの情報発信をしていれば、顧客は離れていくでしょう。たとえば、マーケティングが得意というブランディングをしていた人が、プログラミングの情報発信を始めたら、マーケティングの情報を欲しかった人は見なくなりますよね。

もちろん、100%一貫性を持たせることは難しいでしょう。しかし、ある程度は同じような情報を提供するようにしてください。

演じる

ブランディングのためには、演じることも必要です。継続的に顧客にイメージを抱いてもらうための情報発信に詰まることもあるでしょう。そんな時、ブランドイメージを大切にして演じてください。

「え?でもそんなこと疲れない?」と思う人もいるでしょう。もちろん、あまりにも自分と違うキャラを演じたら、消耗します。しかし、そのキャラが理想の自分であり、なりたい自分であれば、頑張って行動しようとする起爆剤になります。

最初から100%を目指す必要はありません。一貫性を持って継続するために、少し演じる。という気持ちでブランディングを続けてみてはいかがですか?

ゼロから始めるブランディングの考え方

ブランディングは一長一短でうまくいきませんし、ただ人に認知してもらうだけではダメです。3つのステップを踏みながら、3つの考え方を取り入れてブランディングしていくことが必要でしょう。
最後にまとめておきます。

ブランディングの進め方

なりたい自分の明確化→実績を作る→媒体を通じて情報発信

ブランディングを加速するための大切な考え方

①継続的な情報発信
②一貫性を持たせる
③演じながら情報発信

【初心者向け】ブランディングとは何?簡単に解説します!

あなたは、ブランディングという言葉を理解していますか?

言葉は知っているけど、よく分からない、という人も多いではないでしょうか。

意外ですが、私たちは日常的にブランドの力で商品を買っています。

もしあなたがビジネスをやっている、やろうとしている人であれば、ブランディングを理解し、使いこなすことは必須と言っても過言ではありません。

この記事では、ブランディングとは何なのか?を簡単に解説します。

ブランディング次第で、売上が100倍にもなる!

そんなことも夢物語ではありません。

簡単に解説!ブランディングとは?

ブランディングとは何か?を簡単に説明すれば、顧客に「価値とイメージを与える活動」と言えます。「ブランド」は、競合との区別をするための目印であり、独自の強みや特徴を示します。その「ブランド」をデザインや商品、キャラクターを使って作り出し、顧客にイメージを与えます。ブランディングを使えば、顧客に様々なイメージを与えることができるでしょう。

ブランディングを簡単に説明

ブランド=価値
ブランディング=価値を作り出す活動

たとえば、『無印良品』と聞けば、シンプルなイメージが湧きますよね。他には、『ルイ・ヴィトン』と聞けば、高級ブランドのイメージがあり、『吉野家』と聞けば、安くて美味しい飲食店のイメージが湧きます。

つまり、ブランディングを簡単に説明すれば、市場に対して価値を提供し、信頼を築き、イメージを顧客にもたらす活動と言えます。

ブランディングのメリット

ブランディングのメリットを簡単に理解するには、2つの立場から考える必要があります。それは、企業・起業家・フリーランスなどの「発信側」と、消費者・顧客などの「受信側」です。

起業家などの発信側の2つのメリット

企業や起業家がブランディングするメリットは、2つあります。1つ目は、「他社との差別化」です。現代では、多くの商品・サービスが均一化され、「自分の会社にしか提供できない」というモノが多くありません。そのためには、ブランディングして差別化し、酷悪に対してより多くの商品を自社の商品・サービスを知ってもらい、特定のイメージを抱いてもらう必要があります。
そして、「この商品は、この企業でしか買えない」とイメージを持ってもらえれば、商品は格段に売れやすくなるのです。

2つ目のメリットは、ブランディングにより「付加価値を高めること」ができます。さらに、価値が高まれば、価格も高くできるため、売上アップを見込めるのです。先ほどの例のように、「ルイ・ヴィトン」はブランディングによって、高価な商品を提供しています。
もし「ルイ・ヴィトン」というブランディングをせずにバッグや財布などを売っていたら、今のような「高級なイメージ」はなかったでしょう。

企業・起業家・フリーランスにおけるブランディングのメリット

①他社・他者との差別化
②付加価値を高める・価格を高める

消費者・顧客などの受信側の2つのメリット

一般的にブランディングは、発信側にしかメリットが無いと誤解されていますが、私たち消費者にとっても2つメリットがあります。
1つ目のメリットは、「商品を探すコストの低下」です。私たちは、無意識にブランドを見て商品を買うか買わないかを決めています。見慣れたブランドの商品は購買意欲が高まり、見知らぬブランドの商品は買う気が起きにくいと言っても過言ではありません。
一方で、自分に必要な商品を探す手間と時間もあります。信用できる良い商品を消費者は求めているからです。そのためには、商品をよく吟味したり、他と比較したり、面倒なことをしなければなりません。そんな時間と手間を掛けたくないのが人間であり、ブランディングによって、それらの手間を省けるのです。

2つ目のメリットは、自分に「良いイメージを与えられる」ことです。少し分かりにくいですね。たとえば、「フェラーリ」の車を持っているのと、「ダイハツ」の車を持っているのでは、イメージが違いますよね。高級車に乗っている方が、周りから「カッコイイ」や「金持ち」のイメージを与えます。
つまり、ブランディングされた商品を身につけたり、所有していたりすれば、その商品のイメージを自分に投影させることができるのです。

消費者・顧客におけるブランディングのメリット

①商品を探すコストの低下
②自己イメージを変化させることができる

ブランディングが必要な理由

企業・起業家がブランディングを必要とする理由を簡単に言えば、「長期的な売上の維持」です。先ほどの説明の通り、発信側がブランディングをすれば、他社との差別化を図り、付加価値を上げることで価格を高めることができます。さらにブランディングが成功すれば、消費者が「あのブランドの商品を持てば良い気分になる」というイメージを抱き、商品が売れやすくなるでしょう。

一度頭に「ブランド」がインプットされれば、その情報を書き換えるのは容易ではありません。もし「ユニクロ」が5万円するスーツを販売すれば、商品者は「高い!」と感じるでしょう。一方、「アルマーニ」のスーツが5万円であれば、知っている人は「安い!」と感じるはずです。
そのイメージを作っているモノこそ、ブランドであり、ブランディングなのです。

つまり、ブランディングが必要な理由は「消費者に対して特定のイメージを作り、売上を維持すること」です。

ブランディングを簡単に言えば?

現代において、ブランディングはとても重要です。多くの成功している企業・起業家がブランディングをもとにビジネスを展開しています。個人起業家・フリーランスであれば、キャラクターというイメージを付けて、ブランディングをすることがオススメです。親しみやすいイメージなのか、真面目なイメージなのか、チャレンジングなイメージなのか、人によってさまざまでしょう。この記事を参考に、今一度どのようなブランディングをしていくのか考えてみてはいかがですか。

最後に、ブランディングについて簡単にまとめておきます。

ブランディングとは?

価値とイメージを与える活動

企業・起業家・フリーランスにおけるブランディングのメリット

①他社・他者との差別化
②付加価値を高める・価格を高める

消費者・顧客におけるブランディングのメリット

①商品を探すコストの低下
②自己イメージを変化させることができる

ブランディングが必要な理由

消費者に対して特定のイメージを作り、売上を維持すること